デグーとチンチラのためにしていること【自己満足】

デグーのはおちゃんも、チンチラのもぐちゃんも本当にかわいいです。

かわいくて愛おしいふたりにはつい、いろいろなことをしてあげたくなってしまいます。

今回は、自己満足ですが我が家でふたりのために行っていることを紹介します。

食べ物のバリエーションを増やす

デグーとチンチラと人間を同じに考える必要はないかもしれませんが、

人間は毎日3食だいたい違うものを食べていますよね。

3食同じ物だと飽きてしまいます。

我が家のデグーやチンチラにも飽きさせないように、食べ物のバリエーションを増やすようにしています。

デグーのはおちゃんとチンチラのもぐちゃんは、ケージにいる時間が多いので、楽しみは食べることが大半を占めていると思っています。

ペレットは何種類か用意して、朝と夜で違うものを与えたり、おやつは日替わりで与えたり、少しでも食事を楽しめるように考えています。

ただ、いろいろ与えすぎて偏食になってしまうこともあるかもしれないので注意です。

我が家の2人は幸いなんでも食べてくれるので、ついいろいろ買ってしまいます。

くつろげる場所をいくつか用意する

その時の気分によってくつろいだり、休んだりできる場所を何個か用意するようにしています。

感触の違うものをいくつか置いて、自分でどこで休むか選択できるように寝床は何種類か購入しました。

デグーのはおちゃんとチンチラもぐちゃんが寒かったり、暑かったり、その時の状態によって休む場所を変えることができます。

また、どこで休んでいることが多いか頻度を観察することによって、どういう場所が好きなのか好みもわかります。

なるべく国産のものを選ぶ

全ては難しいですが、なるべく国産が良いかと思っています。

これは私の考えなのですが、なんとなく国産のものには安心安全なイメージがあります。

特に食べ物は口に入れるものなので、多少高くてもなるべく国産を選んでいます。

もちろん外国産の物でも良いものはたくさんあると思っています。

外国産の物も良いと思ったものは気にせず取り入れています。

国産の物はお値段が高めだったりすることもあるので、できる限り国産を選ぶようにしています。

できるだけそばにいるようにする

デグーのはおちゃんも、チンチラのもぐちゃんも私たちのことをよく見ています。

できるだけ部屋んぽに時間をとるようにしていますが、

部屋んぽ中は目が離せないので、私たちが疲れているときは長時間部屋んぽさせるのはきついと思ってしまうことがあります。

そんなときは、頃合いを見計らってケージに戻して、私たちはそばにある座椅子にいるようにしています。

特にデグーのはおちゃんは寂しがりで私たちが近くにいると喜ぶので、

部屋んぽをする以外にもケージのそばでだらだらくつろいだり、ケージのそばでお昼寝をするようにします。

はおちゃんは察してくれるので、ケージのそばでだらだらしているとはおちゃんもチモシーをばくばく食べるモードに入ります。

ケージのそばでお昼寝をするとはおちゃんも私たちに合わせて寝ます。

うとうとしながらはおちゃんのかわいい寝顔を眺められて幸せな気分になります。

はおちゃんやもぐちゃんは私たちがそばにいることによって安心するのではないかと思っています。

一緒に遊ばなくても、できるだけそばにいて、同じ空間で生活できるようにしています。

できるだけハンドメイドのものを購入するようにする

まだデグーやチンチラのグッズは少ないと感じています。

その中でハンドメイドで商品を作ってくださる方はとてもありがたいです。

購入して応援したい気持ちがあります。

実際にデグーやチンチラと暮らしている方が作っていることが多いため、デグーやチンチラのことが考えられていて、使いやすいです。

個人的な感想ですが、ハンドメイドは温かみがあって好きです。

もちろん有名なメーカーさんの商品も買ったりしていますが、最近はハンドメイドの物を少しずつ取り入れるようにしています。

レイアウト用品はかわいいものを選ぶ

これは完全に自己満足です。

デグーのはおちゃんとチンチラのもぐちゃんはかわいいとか気にしないと思います。

しかし、かわいいふたりとかわいいものと掛け合わせるとさらにかわいくなります。

ケージ内の雰囲気がかわいいと私のテンションも上ります。

デグーのはおちゃんは女の子なのでピンク、チンチラのもぐちゃんは男の子なのでブルーのものを選ぶことをなんとなく意識しています。

まとめ

本当に自己満足でやっていることなので、ふたりがどう思っているかわかりません。

デグーとチンチラのためというか自分のためですね。。

これからもかわいいデグーのはおちゃんとチンチラのもぐちゃんに尽くします!

チンチラのもぐちゃんの瓶詰め

 

タイトルとURLをコピーしました